大阪で通信制高校に通うメリット

高校への進学に不安を感じているなら、全日制以外の選択肢も検討を

高校への進学に不安を感じているなら、全日制以外の選択肢も検討を : 通学の必要がなく自分のペースで勉強できる : 定期的なスクーリング以外は自由に時間を使える

病気や不登校などさまざまな事情を抱えていると、中学から高校への進学にも不安を感じてしまいます。
病気の治療のために定期的に学校に通えるのか、中学時代に不登校に陥っているなら、高校生活でクラスに馴染めるのかなどなど、不安が大きくなる進学を諦めてしまうこともあるかもしれません。
もし高校への進学に不安を感じているなら、全日制以外の選択肢も検討しましょう。
一般的な全日制高校は、毎日決まった時間に登校し同じクラスメイトと授業を受けなければいけません。
そのため定期的に通えない生徒は欠席しがちになりますし、人間関係が固定化されいじめなどの問題も起きやすくなります。
しかし基本は自宅で学習する通信制高校なら、こうした問題はすべて解決可能です。
たとえば通信制高校は、毎日決まった時間に校舎まで登校する必要がありません。
基本的に自学自習なので、家庭など自分が勉強したいところでスケジュールに縛られず学習を進めていけます。
もちろん月に数回スクーリングのため学校までいく必要はありますし、レポートも自分で教科書を見ながら作成しながら提出しなければいけません。
そのため自分のペースで勉強ができるというメリットがある一方で、モチベーションの維持が難しいデメリットがあります。
全日制なら学校に行く必要があるので嫌でも勉強しなければいけませんし、クラスメイトが一生懸命に勉強していたら、それを見てモチベーションを維持することもできるでしょう。
家で一人で勉強しているとどうしても周りに気を取られがちで、ついスマホを触ってネットやSNSを見たり、ゲームや漫画などを楽しんでしまいがちです。

大阪の通信制高校行ってる人わんちゃん同じ学校説

— エーカゲン2世 (@vt_pf8) April 6, 2021